チャイルディッシュ・ガンビーノ、「ディス・イズ・アメリカ」を盗んだ疑いで訴えられる

2021 | 音楽

チャイルディッシュ・ガンビーノ 、別名ドナルド・グローバーは、2018年の絶賛された曲「ディス・イズ・アメリカ」で訴えられたと伝えられている.

による TMZ 、フロリダのラッパー、キッド ウェス (エメライク ウェスリー ヌスオチャの芸名) は、グローバーの曲が彼の 2016 年のトラックの著作権を侵害していると主張しています。 アメリカ製 。 '



関連 | チャイルディッシュ・ガンビーノがニュー・アルバムをリリース



フェティ・ワップのやり方が大好き

Nwosuochaは、「This Is America」の共同ライター兼バックアップ・ボーカリストも指名しています ヤング・サグ 、プロデューサーのLüdwig Goransson、RCA Records、Sony Music、Universal Music Publishing Group、Warner Music、Warner Chappell Music、Atlantic Records、300 Entertainment、Roc Nation、Kobalt Music、Young Stoner Lifeが訴訟の共同被告人となった。

70,000トンのメタルクルーズ

木曜日に提出された法廷文書によると、Nwosuochaは、グローバーのヒット曲には、コーラスに含まれる「ほぼ同一のユニークなリズミカル、叙情的、テーマ的な構成とパフォーマンスのコンテンツ」など、2016年の曲と「実質的な類似点」が含まれていると主張している - または「フック」-両方の曲の中心となるセクション。訴訟では、Nwosuocha は 2017 年に「Made in America」の著作権を取得されたとも述べられています。



「2つの音楽の類似点は偶然ではなく、侵害にあたると、クライアントであるEmelike Nwosuocha(専門的にはKidd Wesとして知られている)によって提出された訴状で主張されているように」弁護士のImran H. AnsariとLa'Shawn N. Thomasへの声明で述べた ピッチフォーク '氏。 Nwosuocha は彼の主張に自信を持っており、彼の音楽の不正使用に値する信用と補償を求めています。

なので ピッチフォーク 続けて報告したが、「ディス・イズ・アメリカ」が他の曲をリッピングしたとして非難されたのはこれが初めてではない. 2018年、ラッパーのジェース・ハーレイは、2016年のトラック「アメリカン・ファラオ」の音楽がグローバーに「盗まれた」と主張した.しかし、ハーレーの告発に応えて、グローバーのコラボレーターであるファム・ロススタインは、その後削除されたツイートで、「ディス・イズ・アメリカ」は2015年に開始されたと主張した.

プロビンスタウン大衆に滞在する場所

伝えられるところによると、Nwosuocha は 43 以上のカテゴリーで損害賠償を求めている。



ゲッティ/アンジェラ・ワイス/ AFPによる写真

Web に関する関連記事